人間の腸の中で繰り広げられる生物史

●人間の腸の中で繰り広げられる生物史


私たち人間は突然地球上に出現した生物ではありません。


約36億年前、地表に「いのち」が誕生して以来、今日まで長い期間をかけて進化してきた生物なのです。


免疫の場としての腸には、驚くほどたくさんの細菌が存在しています。


人間の腸には500種類以上、その数100兆個以上の細菌が生息し、その重さは大腸内に生息する細菌だけでも2kg近くになるといわれています。


これらの細菌はいわば私たち生物がかつて住んだことのある「原始社会」に生きています。


約36億年前「いのち」が誕生し、やがて酸素がないところで細菌類のみが生きた原始地球と同じ環境が、現在の「人間の腸の中」で再現されているのです。


腸は単なるチューブなのではなく、複雑な生体機能をつかさどる重要な器官であることがわかってきました。


脳がなく腸だけで生きているヒドラのような生物を観察していると、腸が脳の原型であることがよくわかります。


神経細胞がびっしり並んでいる臓器は腸以外にはないのです。腸は脳と同じように「考える臓器」です。


この腸内細菌が私たちの免疫力を高め、生きる力を生んだのです。そればかりではありません。この腸内細菌は子どもの脳の正常な発達も促すのです。さらに豊かな感性や情緒の形成を導いているのです。

(「脳はバカ、腸はかしこい」)




      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2022年)

9/6

初動負荷トレーニングを取り入れるようになりました。

 

(2021年)

5/15

民間救急とうねりケアサービスのホームページが新しくなりました

 

3/12

自律神経を整えるには、呼吸法が大事になります。

 

(2019年)

9/21

呼吸と体の動きが連動しますと、有酸素運動がしやすくなります。

 

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)